メイン画像

社内PC・ネットワーク保守管理サービスについて

兼任管理者の限界

中小企業において社内PC/ネットワークの保守管理、セキュリティの確保などは難しい問題です。数百人規模の企業になれば情報システム部またはそれに近い部署・グループの設置が可能ですが、そこまでの規模ではない企業にとってコスト・リソースの問題で、通常は兼任担当者になります。
社内PC/ネットワークを安定してセキュリティを保ち運営するには相応のプランニング、ノウハウや技術力が必要となります。残念ながら「PCに詳しい」「ITに強い」社員の方々では十分な対応は難しい現実があります。

外部業者との調整も必要です

PC関連の機材調達、ホームページ制作・リニューアル、メールサービスの管理、親会社・取引先からのセキュリティチェックや回答作成など、社内PC/ネットワーク環境の保守管理に外部業者との調整は欠かせません。
ここでも、外部業者と共通のキーワードで話をまとめるだけの知識・経験が必要になります。ある程度の知識・経験でも対応は出来ますが、常に「これでよいのか」「抜けがないか」「無駄なコストがかかっていないか」など、不安がつきまといます。

世の中の「アオリ」との兼ね合いが必要です

PC/ネットワーク環境の保守管理・セキュリティについて、各種メディアから日常的に「情報漏洩」など経営者や担当者の不安を増長する情報があふれています。
こういった各種リスクに対する対策を行う場合、専門メディアなどが推奨するような「豊富にコストをかけ」「豊富な人員と時間を動員して」行えば確かに十分な対策が可能かもしれません。限られたコスト・人員でやりくりする多くの中小企業では、こういった対策は取れず、どこかで現実的な(最良の)選択を行う必要があります。

適度なコストで専門スキルをご提供致します

弊社のエンジニアは、「社員1人にPC1台」のような時代から20年近く継続して中小企業のPC/ネットワークの保守管理・セキュリティ対策を行ってきております。 時代に応じた機材の選定、ネットワークの構築、セキュリティ対策を現実的なコスト・規模でご案内させて頂いております。
世の中の過度な「アオリ」の中から本当にクライアントに必要な情報を選択し、多くの無駄を抑制するとともに、安定・安全に長く使っていける環境構築のお手伝いを致します。

数名~100名程度の企業様まで、クライアントの規模・ご要望・ご予算に応じたご契約のもと、「ちょうどいい」サービスをご提供致します。

弊社のお客様は、基本的に各社各様の内容になります。直接のお打ち合せ、オンラインでのやりとりなどどのような方法であれ、レイヤーゼロのサービスについてご納得頂くまでご説明させて頂きます。